外部サイトからWMSサービスを利用する方法

種別名称
サイトからの利用OneGeology
ソフトウェアからの利用Google Earth
ArcGIS
OneGeologyを使ったWMSサービスの利用方法

  1. OneGeology Portalサイトにアクセスします。
    http://portal.onegeology.org/

    OneGeology Portal画面が表示されます。
  2. 右上のメニューから[View layers]ボタンを選択します。
    ViewLayers
    View layers画面が表示されます。
  3. External layersタブをクリックします。
    External layers
  4. [Enter the WMS url:]欄に、WMSのURL
    http://geogisopen.nipr.ac.jp/ArcGIS/services/NIPR_Bedrock_and_Superficial_Lithology/mapserver/WMSServer?
    を入力し、[Submit]ボタンクリックします。
    WMSのURL
  5. 「ATA NIPR 1:25M Bedrock Lithostratigraphy」のチェックボックスをオンにします。
    ※Layersのチェックボックスはオンにしないでください。
    チェックボックス
  6. View Layers画面を閉じると、地質レイヤが追加されます。
    地質レイヤ追加

Page Top ▲


Google Earthを使ったWMSサービスの利用方法

※本手順書は、Microsoft Windows XP (Service Pack 3)環境でGoogle Earth 5.0をインストールした場合を想定しています。


  1. 下記リンクをクリックします。
    http://geogisopen.nipr.ac.jp/ArcGIS/kml/NIPR_Bedrock_and_Superficial_Lithology.kmz

    ファイルを開くダイアログ画面が表示されます。
  2. [開く]を選択し、KMZファイルを開きます。
    KMZファイル
  3. GoogleEarth上に追加したKMLネットワークサービスが表示されます。
    KMLネットワークサービス
(情報) 地質図ベクトルデータ:地質図ベクトルデータのKMLネットワークサービスです。
       地質図データ整備範囲:地質図ベクトルデータが整備されている範囲のポリゴンとポイントデータです。
       ※データ名のリンクをダブルクリックするとデータが全体表示されます。

地質図ベクトルデータ

Page Top ▲


ArcGIS Desktopを使ったWMSサービスの利用方法

  1. スタートメニューから、すべてのプログラム>ArcGIS>ArcCatalogを選択し、ArcCatalogを起動します。
  2. [GIS Servers]>[WMSサーバを追加]をダブルクリックします。
    ArcCatalogWMSサーバ追加
  3. WMS URL「http://geogisopen.nipr.ac.jp/ArcGIS/services/NIPR_Bedrock_and_Superficial_Lithology/mapserver/WMSServer?」を入力します。

  4. URLを入力後に、[レイヤの取得]ボタンをクリックします。左側にレイヤの一覧が、右側にデータの概要が表示されます。
    ArcCatalogWMSサーバ追加
  5. [OK]ボタンをクリックします。GIS Serversの下に追加したWMSサービスが表示されます。
    ArcCatalogWMSサーバ追加
  6. ArcMapでデータの追加ボタンをクリック後、データにWMSサービスを指定すれば、ArcMap上で地図の表示ができます。
    ArcCatalogWMSサーバ追加

Page Top ▲